« オリンピック・・・ | トップページ | コメントありがとうございます »

のび太くんの夏の思い出

今月の8月8日に我が家の、のび太くんが古希の記念に富士登山に挑戦し無事成し遂げた記事を、山梨日日新聞に応募したところ8月22日にのび太の大冒険日記が記事として記載されました。

のび太くん自身の原稿には女性ガイドの実名が書かれていたため、そこの部分は編集されて新聞には紹介されていましたが、原稿を読んだ所そちらの方がやはりのび太くんが本当に伝えたかった事がその文章には一杯詰まっているのでここでは、実名をイニシャルにしてご紹介させていただきます。L7040014 L7040015    

若き女性登山ガイドにエールを

八月八日、古希の記念に富士山登山ツアーに参加した。当日の富士山五合目登山口広場は人でごったがえしていた。

午後一時、広場はこれから登山するグループの輪から次々と”がんばるぞ”コールがあちらこちらであって、それぞれ出発して行った。「父がキャンディーズのRちゃんのファンで私の名前を付けました。M・Rと言います。今日は登山者がとても多いので、しっかりと私の顔とRちゃんの名を覚えてください」毎日のガイドで潰れた声で、私達二十七名の前に立った。

午後一時半、私達もガイドのかけ声に合わせて”がんばるぞ”と叫び出発した。八合目の山小屋へは、四時間余りであまり苦なく到着した。山小屋で仮眠をして午後十時半、私達は頂上めがけて出発することになった。

「皆さん全員頂上でご来光を拝みましょう。もう少しですから頑張りましょう」と、言われ頭にライトをつけ、足下を照らしながらガイドの後について一列になって登り始めた。夜の登山道にはライト付けた登山者で大混雑。特に七合目あたりの岩場続きの場所では、人の大渋滞だった。

「皆さん、みんな頂上でご来光をみたいいんです。協力して登りましょう」Rちゃんの声が闇夜に響きわたる。「ツアーの皆さん頑張りましょう。もう少しで頂上です」登山者の交通整理をしたり、私達を励ましたりして私達の先頭に後方にと忙しく動く。山頂の山小屋に着くと、すでに登山者のご来光の陣取りがはじまっていた。「剣ヶ峰のご来光に行きましょう」

Rちゃんの声に答えて十五人がつづいた。そしてお鉢をめぐり最後の急坂道に来た。日の出の時間が近づいていた。

急がないと日の出に間に合わない。「日本の最高峰でご来光を見ましょう。頑張りましょう」参加者皆疲れて登山ペースが落ちていた時このRちゃんの声で勇気づいた。やっと皆が最高地の碑の前に着いた。そこにはすでに沢山の人がご来光を待っていた。程なくして厚い雲間から陽がゆっくりとのぼった。感激で涙が出た。最高の古希記念になった。Rちゃんのお陰だ。ありがとう。登山ガイドRちゃんの活躍にエールを送る。(神奈川県・篠崎弘行70歳)

娘の私も、この記事を読んでのび太くんなかなかやるなぁ・・・と私の中での夏休みの思い出になりました。

さて明日から相模原のプレコンクールが始まります。

トップバッターは夢ちゃんです。そして明後日は遥菜ちゃんが挑戦します。

私は応援する事しかできませんが、二人が今までで最高のパフォーマンスが出来ますように・・・・

L7040024援よろしくお願いします heart02heart02heart02

本当によく頑張ってくれましたshineshineshine

また、私達を応援し支えてくださったご家族の皆様本当にありがとうございました。最後まで全力を尽くしますrock

              

|

« オリンピック・・・ | トップページ | コメントありがとうございます »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

のび太くんの大冒険日記、素晴らしいshine何事も挑戦する気持ちは大事ですな。KYは実はKY(会社をやめます)なんです。この歳で新しいところで働くのは大変だと思いましたが、チャレンジしてみることにしました!のび太くんやコンクールをガンバる皆さんに負けじとガンバうぃっしゅrockところで、昨日の雷雨大丈夫でした?愛川チーム&相模原チーム&多摩チームの方をはじめ、かなりスゴかったっすよね、私は雷が鳴るたびワオワオthunder叫んでましたcoldsweats01恐かったぁsweat02

投稿: KY | 2008年8月29日 (金) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038128/23311025

この記事へのトラックバック一覧です: のび太くんの夏の思い出:

« オリンピック・・・ | トップページ | コメントありがとうございます »