« 何歳からバレエを習い始めるか・・・  続き | トップページ | ご無沙汰しております »

向き合う事の大切さ・・・

相原のMさんコメントありがとうございます。

バレエを高校生から始めるとレッスンについていくのが必死になってしまうのは、否めないですよね。

なぜなら、バレエに対して知識がまるでないなかでプリエ、タンジュ、アラベスク・・・

など、突然言われてもさっぱり解からないのはのは当然です。

基本的な事ができていないのに、高度な事を要求されて出来ないのは当たり前の事。

人格形勢の一環としてバレエを教えながら常々感じることは、個人差。

そして教える側の考え方と、習わせる側の保護者の方の考え方などの差など・・・

色々な相違を身近に感じてしまいます。

今の教育の場からも創造できるように、公私学校の水準の格差など・・・

本当にきちんと向き合って欲しいものです。

基本は家庭から。

そして学校。

習い事はあくまでも習い事。

きちんと基本が出来ていれば今の教育の場での現状を、少しは改善できるようになるのではないかと思います。

教育の最前線で戦っている人の苦労は踏みにじられ、やり甲斐さえもなくされているのではないか・・・と言われています。

私もその様な感じを受けます。

先日高等科に所属している生徒が私学中学の受験をしました。

40名に対し800名ほどの受験者がいたとか・・・

そうなってしまったのはなぜでしょう・・・

この不景気だと言われている昨今なら尚更、まずは基本から。

家庭、地域など、取り巻く環境から整えていかなければ、このままではお金がなければ何も出来なくなってしまいます。

本当にそれでよいのでしょうか・・・

このように便利になった世の中で、失っている物とか簡単に済ませている事が本当は一番大切な事で、基本的な事ではないでしょうか・・・

高校生からだと年齢だけで考慮すると幼い頃から習い続けている上級者クラスになってしまいます。

そこには当然無理が生じてきます。

年齢などの外見的なことは捨て幼児達に混じって、リズム感や踊る事の楽しさ等を覚えてからバレエの知識を知恵に出来るレッスン内容が本来なら適していると思います。

そういった幅広いクラス設定が出来るのは理想的ですが、そこまでできないので人間(大人)の持っている知識を論理的に活かし想像しながら実現させて欲しいと思います。

結局は本人次第ですから・・・

周りは見守る事しか出来ないのです。

何でも速く便利になった世の中の流れに惑わされず、本人の成長、子供達の成長を見守って頂きたいと思います。

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

余談ですが、今度は私のブログのランキングにハニーナッツさんのランキングが2位になってまっせーーーdashdashdash

|

« 何歳からバレエを習い始めるか・・・  続き | トップページ | ご無沙汰しております »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038128/27987920

この記事へのトラックバック一覧です: 向き合う事の大切さ・・・:

« 何歳からバレエを習い始めるか・・・  続き | トップページ | ご無沙汰しております »