« みなさまのおかげでした・・・ | トップページ | クラシック・バレエとは・・・ »

美脚を手に入れる方法

女性なら誰しもが気になる”脚”の太さ。

特にバレエダンサーの脚が発達しすぎて太くなること・・・

バレエを一緒に幼少時代より学びながら最終的には殆どの人はバレリーナにはならない数多くの友人と再会したり、現役を引退した友人と会ったりして会話に出てくる事なかの一つに「筋肉質の脚が悩みだ」という・・・

実際プロのダンサーでも力こぶだらけの脚は賛否両論だと思う・・・

趣味のクラスであれば尚更間違った方法でトレーニングする事は非常に危険だし、”美しく”を目指してバレエを習い始めたのにも関わらず、結果が理想と逆になってしまったら・・・

それを防ぐには土の様なトレーニング方法があるでしょう・・・

と考えた時実際問題、どのようなトレーニングを受けてもスリムで流線型を保ち続ける事ができるタイプと太くなる肉体のタイプがあるからだ。

この様な問題について、いろいろ私なりに調べてみたが、納得のいく研究結果は殆ど無かった。しいて出た答えは持って生まれた筋肉の質だった・・・

しかし、バレエの立場からみて筋肉質になってしまう事を防ぐ第一の方法は、屈曲側と伸展側の両方の筋肉を十分に使うと言う事である。

これは他の動作でも同じだと私は考える。

なぜなら筋肉は収縮した後は必ずストレッチされるべきだき・・・

バレエの基礎を習得するバーレッスンではその様な状況を殆ど満たされている。

例えば前方へデブロッペでは太ももの前面の筋肉を収縮させるが、後方へのデブロッペでは太ももの前面の筋肉はストレッチされる。

グラン・バットマンやその他の動きでも同様である。

その動作全てに必ず必要な事はひきしめた筋肉を必ずリラックスさせること。。。。

それは片方の脚でこれらの動きをしている間に、瞬間的に体重を両足に戻す事によってなされる。

ずっと引き締められてきた片方の脚の筋繊維がその瞬間リラックスするのである。これはいつも十分注意している事ではあるが、結局は個人の問題である。

きわめて重要で、しなければならないこと・・・・の1つである。

もし体重が支持脚だけに長時間かけられていると、筋肉は硬くなってしまうに決まっている。

また、上へ上がっている脚が一瞬の休息も与えられず筋肉が収縮した状態にあったら、こちらも必要以上に発達してしまう事は避けられない。

ほんの一瞬でも体重を両足に移動させる事は大切で、美しい持久力のある細い強い筋肉を得る事ができると私は思う。

でも、どんなに私がその事を強く願い、生徒に伝え続けても実際にそれを実行してくれるかは残念ながら”その人次第”なので、その事を心して美しい伝統的なクラシック・バレエを通じて”美”を追求して欲しいと願います。

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

|

« みなさまのおかげでした・・・ | トップページ | クラシック・バレエとは・・・ »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038128/28439484

この記事へのトラックバック一覧です: 美脚を手に入れる方法:

« みなさまのおかげでした・・・ | トップページ | クラシック・バレエとは・・・ »