« 私のバレエ暦 | トップページ | アキレス腱について »

私のバレエ暦の続き ~教師としてのバレエの教え方~

 今まで”クラシック・バレエ”は肉体的にも完璧で天分のある子供だけが選ばれ、ほとんど私的で神聖なバレエスクールに入門し、ダンス芸術や教育技術に一生を捧げた巨匠達に教えをうけて、その秘伝を授けられていたもの。

これに反し今は障壁が低くなり大勢の人が楽しめるものとなった。

今現在の私も同じであるように”選ばれた生徒”のみを指導するだけではなく様々なバランスを考慮しつつ指導しなければならない。

大望を抱いてるバレリーナがその中にはいるかもしれないが、いっぽう体格には恵まれないが志が高く一生懸命厳しいバレエの訓練を重ねてくれている子もいる。

はたまた、たんなるステイタスだけを楽しんでいる親子さんが多いのが現状でもある・・・

といった中で個々にあったバランスの”必須が問われている・・・

このバランスがなかなか難しい・・・

なぜなら私は先生方から教えて頂いた神聖な”クラシック・バレエ”しか口伝するつもりはないからだ。

そして肉体は10人10色で、同じ人でもその時々で色々変化がある(体重や体調、気分など)。

それを常に同じ状態にコントロールできる様にすることが、練習なのである。

バレエはきちんとした正しい動きのテクニックをそれ自身もっているからである。

もしこれらの動きが正しく行われたなら、正しい筋肉が働くし、正しく行われなければ必要のない筋肉の働きが加わる。

どんな筋肉がそれを行ったところで誤った動きは誤ってしか動かない事を、十分に理解して欲しい。

ダンサーは正しい筋肉を使うかを見つけようとして踊るわけではない。

正しい努力は結果的に正しい筋肉の働きを保証する。

私の教師としてすべき事はこの努力を引き出す事であり、そうすれば筋肉自体が自分で働くようになる。と言う事を理解したうえで日々の訓練を重ねて欲しい。

いかなる故で”クラシック・バレエ”を習う事、また習わせる事を決める時は・・・

芸術面で言えばもっと深い部分になり解剖学等の科学者は生きている肉体についての知識を持っていらっしゃるが、ダンサーは動く身体についての知識を持っていると思う。

動く身体についての知識はしばしば科学の領域で見出されているものより繊細で、深みがあると感じる。

しかし私はそれを表現する言葉が見つからない。

なぜならそれは感覚的に、また経験上自分の肉体の中に知っている事だから・・・

それを言葉を使って表現する事は難しい・・・

人それぞれの目や感覚で私の表現したい事を感じて欲しい。

私が教師としてできる事はアドバイスのみで、上達する為の補強にしかならない。

これが今の私のバレエ暦の中の”教師”になってからの信念である。

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

|

« 私のバレエ暦 | トップページ | アキレス腱について »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038128/28612717

この記事へのトラックバック一覧です: 私のバレエ暦の続き ~教師としてのバレエの教え方~:

« 私のバレエ暦 | トップページ | アキレス腱について »