« ほど遠いぃ・・・・・???? | トップページ | 私のバレエ暦 »

だんだん

私は今迄バレエ団のリハーサル活動やら、教えなどで時間が取れなかった為(と言い訳 をし)、家族旅行をした事が無かったのですが、初めてNHK連続テレビドラマのロケ地”島根”へ行ってきました。

出雲空港に着き旅行のプランを何も立てていなかった私達はレンタカーを借りる事にしました。

L7040006 L7040099 L7040147レンタカーの方が親身に色々なプランを提案してくださいました。

まずは”腹ごしらえ”お勧めのお蕎麦屋さんでお勧めの”割子そば”を食べました

こしのある麺でピリッと大根の辛さが舌にきてとっても美味しかったです

そしてそのままその脚で、もちろん出雲大社へ心をこめて”縁結びを”祈願するために直行しました・・・・

ところが・・・

  L7040179 L7040165L7040174_2大きなしめ縄期待して行きましたが、只今工事中でして、仮神殿になっておりました・・・

なんでだろう・・・

せっかくここまできたのに・・・

しかも出雲大社の前で記念写真を”のび太”にお願いしたのに”大社”って・・・

と私達はこの日はこの旅行のメインでもある皆美館という旅館へ直行しました。

L7040181 チェックインの手続きをしながら優雅にウェルカムドリンクを堪能

数々の文化人が来客しているらしく、その作品を見学しながらのウェルカムドリンクは最高でした。

私達の部屋は4階の最上階でなが~~~い畳の廊下を歩きようやくたどり着いた部屋の名は向月という名の間で部屋から一望できる宍道湖は絶景でした

L7040198 L7040250L7040200                             

部屋には内風呂があり、下を見下ろすと白砂青松の名庭として愛されている絶景が見えました

L7040206 これが長い長い廊下です

忘れ物の多い私は何度も何度もこの廊下をバタバタと往復しました

最初のころは「すごぉぉぉぉいっっ」なんて感激していたのに、そのうちこの廊下の長さがめんどくさいなんて思うようになるのですから・・・

なんて私は罰当たりなんだろうと・・・ 1・2回反省しました

L7040203 L7040204 これは初日の夕飯のほんの1部です・・・

丁寧に調理された新鮮な食材と料理長の心を込めた味が伝わってきました

L7040242 L7040201 こんな素敵なベットで私は2日間共大の字になり偉そうに怪獣のような往復いびきをかいていたらしいです・・・

(私は両親の作り話だと思ってますが 笑)

「あれじゃ、100年の恋も醒めるわよ」とまで言われました

L7040202 翌朝目が覚めると”お化けが”いませんでした

のび太に問うと「マラソンに行った」と・・・

今度の荒川マラソンに出場する彼女はいつもの日課をこなしていたようです

そして何より迷惑だったのが、私達の部屋は宍道湖ビューになっていてそこには大きな橋が左右に架かっているらしいのですが、そこをぐるぐる回っていたらしく「何で走っているのを観ててくれないの?」っと、付き合いきれない事を言われ、3日目の朝はのび太が手を振ってあげてました・・・

L7040211 L7040215

朝食は豪華な鯛めし・・・

あまりの美味しさに病み付きになり2日間共朝食はしっかりと”鯛めし”ました

そして2日目は2年前に世界遺産登録された石見銀山へ行きました

L7040227 L7040228 L7040231 ガイドさんの面白い説明に私達の含め6人全員ひきつけられ、あっという間の往復4キロ、3時間講習でした。

梅の花も咲いていて綺麗でしたよ

L7040224 L7040226 L7040232 そして五百羅漢と国指定重要文化財とされているところも見学しました

  L7040218L7040217

ここは琴ヶ浜という延長2KMに及ぶ海岸で歩くとキュッキュッと鳴るよと旅館の方に勧められて、寄り道したら本当にキュッキュッと鳴るのでさんざん大騒ぎしました

っとまぁ、松枝市内から片道約2時間かかる距離の往復を運転した私は両親におだてられ、感謝されまくり”木に登りっぱなしで”おおいびきをかいてその晩も過ごしました

L7040234 L7040238 L7040233

L7040241

   

L7040240 L7040237 夜の松江に出没

L7040249 L7040245_2

この3本の松は親子で右からお母さん、お父さん、子供だそうです

L7040248 樹齢300年余りの松です

週に2・3日専属の庭師の方がお手入れをしてるそうです

やはり、樹も美しさをキープするのは大変なのですね・・・

L7040252 さんざんとお世話になった皆美館さんと終始の別れをし、いざ松江城へ!

まずはお堀からせめL7040257_2 L7040255 L7040258

松江城へ

L7040259 L7040260L7040261

L7040262

松江城は征せないとあきらめました

他”耳なしほういち”や”のっぺらぼう”でお馴染みの”小泉八雲”記念館や武家屋敷を観覧し、出雲の地を後にしました

長い文章最後まで「だんだん」ありがとうございましたheart04heart04heart04

|

« ほど遠いぃ・・・・・???? | トップページ | 私のバレエ暦 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038128/28569424

この記事へのトラックバック一覧です: だんだん:

« ほど遠いぃ・・・・・???? | トップページ | 私のバレエ暦 »