« 輝いている人 | トップページ | ママクラス »

心を健康に育てる

私は最近バレエを習いにきてくれている子供達や、学友と集まり「子育て論」を聞きながら感じる事があります。

それは最近の子供はとても繊細だなと自発性にかけるなと感じる事です。

繊細なのがいけないとか、悪いとかでは決してなにのですが、とにかくよく感じるのです。

そしてそこには心の発達と身体の発達のゆがみがあるのではないかと考え始めました。

心を健康に育てるにはどうしたらよいか・・・

その疑問と向き合ってみる事にしました。

現代社会は色々と複雑化していて便利な世の中になったが故に、1番大切なコミュニケーションが上手に取れなくなってきていると感じます。

しかも不景気のあおりを受けて家庭の人間関係にも影響を及ぼしていると思います。

心の不安が子供の身体にも影響してくる病気・・・

つまり心身症と言われるもの。

その他にお母さんやお父さんを悩ませる様な子供の行動・・・

例えば引っ込み思案、わがまま、反抗、落ち着きのなさ、気力のなさ、勉強しないで遊んでばかりいたり、おねしょがなおらなかったりなどなど・・・

そして思春期になると、登校拒否、家庭内暴力、ノイローゼ、精神病や、家出、非行など・・・

しかしこうした思春期の問題は、既に乳児期にスタートしている事がすくなくないらしいのです。

子供の発達について勉強していないお父さんやお母さんは、発達のゆがみについて気づいていないどころか、他人の目から見ると心配な子供であるのに「よい子」と思い込んでいるケースが少なくないと記されていました。

おとなしかったり、素直な子供、親の言う事をよく聞く子供は、すでに心にゆがみが生じている可能性が少なくなかったりと・・・

順調に発達している子供は、発達心理学では、2歳~3歳にかけて時に「第1反抗期」に入る事を強調されています。

そして小学校2.3年生では「口答え」が多くなるのだと・・・

本当の意味での「よい子」とはどういう子供なのか・・・

最も大切な事はなんなのか・・・

それについてしばらく向き合ってみたいと思います。L7040155 L7040195

初等科のめいめいはいつも私に手紙をくれますlovely

内容は「れいなせんせいへheart01 バレイをおしえてくれてありがとう めいより」と・・・

先日「めいめい、バレイじゃなくてバレエだよwink」って言ったら今日はちゃんと”バレエ”になってましたぁぁぁーーーーhappy02happy02happy02(かぁわぁいぃい~~~happy02happy02happy02

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

|

« 輝いている人 | トップページ | ママクラス »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

この前は楽しかったね~Jちゃんやっぱり最高だね!

そのJちゃんがあんな姿になる前に二人で話してたんだけど、子供っていい子とか悪い子って全然なくて、全て個性なんだよね!
公共の場で騒ぐことが恥ずかしいとかいけないって思うのは親の都合で、その子にはなにか意味があってやっていることと考えると、「いい子」の枠に入れようとすることは個性をつぶしてしまう事かなぁって思います。

その子が何故騒ぐのか?何故落ち着きがないのか?など根本を理解しないで、表面上だけでしつけをしようとするとちょっと怖いなぁって。

うちの子は泣き虫でわがままだけど押し付けてやめさせることは出来ないもんなぁ~
でもそれ以上にいいところが沢山あるいから褒めてホメまくって伸ばしてあげたいなぁ。

人の子より・・・って見るんじゃなくて、わが子の個性や成長のペースを見極めてあげたいね!

子供は親の所有物でもなく、個性を持って生まれた立派な個人なんだから、ヘンに親の教育が・・・とか家庭環境が・・なんて余計なところを見ないで、その子のいいところを引きだしてあげる!子供に異変を感じたら子供にしつけをする以前に自分自身(親)を見直してみる!私も最近そう思えるようになりました。

投稿: chiahei | 2009年4月24日 (金) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038128/29205120

この記事へのトラックバック一覧です: 心を健康に育てる:

« 輝いている人 | トップページ | ママクラス »