« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

お知らせ

L7040567 8月31日月曜日は5週目ですが7月27日の振り替え分としてお稽古ありますwink

お間違えの無い様にしてくださいrock

L7040573_2 似合うかぁっっsign02sign02sign02sweat01sweat01sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原点に戻る・・・

生後6ヶ月の子が泣いていると・・・

生後8ヶ月の子が得意げにハイハイして6ヶ月の赤ちゃんにパーソナル・タッチをした

6ヶ月の子は泣き止んだ・・・

またまた6ヶ月の子が泣きだすと1歳過ぎた子がハイハイして6ヶ月の子の横を通り過ぎよう

とした

その瞬間・・・

6ヶ月の子は1歳の子の洋服を掴み、横切るのをストップさせた・・・

1歳の子と6ヶ月の子は、しばらく遊んでいた・・・

こんな小さな赤ちゃん達から癒され気づいた、かわいい「思いやり」の心heart01

私達も赤ちゃんの頃はもっとストレートに表現できていたはずなのに、いつから恥ずかしがったり、好き嫌いが出てしまったりするようになってしまったのだろう・・・

路に迷ったら自分の幼い頃の、純粋な感性に耳を傾けてみよう・・・

L7040551_2

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆hope☆

希望をもとう…

過去からもたらされる予測は時として未来の可能性をとざしてしまう…


「今から新しく始まる」
そう心に言い聞かせ

心を静め、希望の光を目指し、また時には勇気が必要であることを恐れずに全て受け入れて…

上を向いて進んでいこう♪


今日もありがとうございました(@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰してました

L7040539 異常に長く感じた1週間

今日で術後の通院生活が終わり明日から薬の投与に変わります。

まだ下半身の麻痺は残っていますが後ろ足の痛点の反応が大分見られてきたので、希望を持ってゆっくりと歩んでいこうと思っています。

日に日に新たなり・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張ったキミから学んだもの・・・

L7040117 昨日は愛犬ミニチュワ・ダックスフントのケリーの椎間板ヘルニアの手術をした。

今年に入って突然ケリーの右の後ろ足がひっくり返り、慌てて病院へ・・・

その時は投薬で内科的に治療をし様子を観る事に。

そして先月7月23日

清里フィールドバレエを目前に私の予定など容赦なく彼女に激痛が押し寄せた・・・・

今回も内科的に治療を試してみる事に。

私は祈りながら清里へむかった。

清里から戻りケリーの症状をみても残念ながら、薬が効いている様子がみられなかったので、今回は家族全員で手術する覚悟を決めた・・・

手術に向け一切の飲食をたたせる事を動物に強制するのは困難だと思っていたが、何か気配を察知したらしく最初は催促してきたが、そのうち諦め静かにしてくれた。

そして、手術をする為に移動する車中でも恐怖からか、ずっと震えながらおびえた声で鳴いていた。

私はケリーと一緒に手術室に入り、手術の一部始終を見させてもらった。

手術は当初レントゲンで推測されていたより酷く、2箇所を処置する事になった。

全部あわせて3時間半にも及ぶ処置と、術後の麻酔が切れるまでにいたって合計6時間以上の時が過ぎていた・・・

帰宅の許可が下り自宅へ・・・

私達がしてあげられる唯一の ”見守る” と言う事・・・

それしかしてあげられないけど、それがどんなに大切な事か知っている。

結局 ”どうする”かは本人しだいであり、どんなに頑張っても自然の摂理にはかなわないのだから・・・・

その事を家族で受け止めて、愛情を持って今後精一杯援護していきたいと思う。

L7040545 沢山の”大切な事”を教えてくれてありがとう

キミが命がけで頑張っている姿は、私に勇気をくれました

その勇気は大切にするからね・・・・

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バレリーナの条件

バレリーナになる条件のうち2つ目は ”音感”です

音楽的である事はとても重要です。

音が感じられないと踊れません。

振りすら入ってきません。

優れたダンサーは皆音に対する感覚は鋭いです。

私が舞台に没頭できているときはが心がとても冷静で、今迄聞えてこなかった音まで聞えてきたて自分の肉体がその音楽にそってしなやかに動ける事を実感します。

そして3つ目は豊かな ”感受性” と ”表現力”人の心をうつためには、何よりも人の心や身の回りに起きている事に対して敏感でなければなりません。

そして自分の心の感動を、踊りを通じてどれだけ観客に伝える事ができるか?

そこで表現力が必要になってきます。

表現力は歳を重ねる事によって、確かに豊かになると言う事はありますが、若くても表現力の豊かな人もいれば、踊りの世界に入ったものの何年たっても表現力の無い人もいます。

いずれにしても、日頃の磨き方が重要なきがします。

そして筋肉が柔らかいこと。

最後は ”つねに学ぶ” ということ。

色々な人生を味わい学びとる度量が大切で、それは無限にある・・・

ということ・・

なのかなぁぁぁぁぁ~~~~

L7040555 子供のころは全てをもっていたはずなのに・・・

いつから鏡は鏡としてしか使えなくなってしまったのだろぉ・・・

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

”花”のある人

バレリーナになる為には色々な条件があります。

趣味でやる場合には問題はありませんが、バレエを自分の仕事として続けていこうとする場合は、その条件をなるべく多く満たしている方が有利だと言う事はいうまでもありません。

また条件全てを満たしていたとしても、その人に人並み以上のレッスンと厳しい自己訓練をしなければ優れたバレリーナにはなれないのです。

「バレエは汗で磨いて、汗をかくして踊る」

私の考えるバレリーナの第一条件は ”花” のある人

レッスン上でいくら素晴らしいテクニックで上手に踊れていたとしても、舞台の上でその実力が充分に伝わらない人もいます。

逆にレッスンでは地味でさほど目立たない人が、舞台上ではその人が出てくるだけでその場がパーっと明るくなる位しなやかで美しい ”オーラ” で観客の目を魅了することが出来る人もいます。

存在感のある人。舞台で映えるということがとても大切な事だと私は思うのです。

華やかな、尚且つ緊張感のある舞台を作り上げる事ができるからです。

ですがそれはその人が努力して身につけるというより、その人が生まれながらにして身につけているものの様に思います。

それがまさに ”花”

その一言につきると思います

L7040489 はなちゃん、絶対復帰してねheart02

心から・・・

いつもありがとうございますheart04heart04heart04 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清里の舞台で感じた事・・・・

バレエには何ものにも負けない強い「心」が必要なのだと感じました。(特にフィールドバレエでは)

一瞬のうちに消えてしまうバレエ、その消えてしまう前にお客さんの心の中に永遠に刻み込む事が出来るかどうかが、芸術となるかならないかの境目なのだと思いました。

その為には演出に振り付けにそしてダンサーの演技に「心」がなければ成らないのだと・・・

もちろんテクニックも必要ですがテクニックは成功させる為の手段にかな・・・っと・・

技術のともなわない作品は人々を深く感動させる事はできません。っといって技術だけのバレエは人々の心には入り込めないと思ったからです。

つまり、高度な技術をともない、さらに演出、振り付けが優れていなければ人々の中に刻まれる事は決してできないだろうと。。。

バレエは「心の芸術」なのだと・・・・

その豊かな「心」を創るということは、どれほど大変な事か、今回のフィールドバレエで改めて痛感し、考えさせられました。

毎日欠かさぬレッスンによって強い精神力を養う事ができます。

どんな事があってもバレエはやらなければいけません。

だからといって義務感でやっているのではその真の心には通じません。

レッスンが好きでなければ。バレエを本当に愛していなければできない事なのだと、ゆり子先生や今村先生を観て感じました。

先生方の精神力の偉大さに驚き、日頃のレッスンの大切さを改めて認識しました。

L7040506

といいながら、清里期間中スタバシックになっていた私は毎晩スタバを「心」から満喫していますlovely

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍛える事

舞踊家が正規のレッスンをおろそかにすると、肉体が崩れていくとか、錆びていくという罪悪感に近いものを感じます。

ですから舞台だけは、なんとなく上手に踊っている様にみえても筋肉は退化しているのです。

ですから今回の様な長期公演中でも正しいレッスンを怠らないように常に厳しいスケジュールの下におかないと、役柄によっては楽な人はどんどん身体が崩れていくのを感じます。

人間の筋肉は鍛えれば鍛えるほど美しく輝きます。

そして、内臓も含めてスタミナがついてくるのです。

真剣にバーレッスンを続ける人は途中で汗びっしょりです。

バレエに基本レッスンが必要な理由は、単純な基本の中に複雑な”美”の出発点をくみとり、科学的な技法を体得出来るからです。

 バレエは、忍耐と思いやりの精神が無ければ上手になれません。

思いやりは、具体的に表面に出るものばかりとはかぎりません。

人の暖かい心、人のなやめる心、人の哀しい心、人の求める心などなど・・・・

色々なことを肌で感じる事ができ、それに反応が出来るようにならなければと常に思っています。

時々、人の心を忘れてはっとする事も多いですが・・・

 

 バレエは生まれつきの”音楽的天性”や”プロポーション”なども必要ですが、それ以上に必要なのは自分の日々の努力でしかないと思うのです。

天性に恵まれながら、努力の不足な人が多いのですが、天性も磨かなければ・・・

バレエのレッスンやリハーサル等の努力はして当然のこと。

ですが、それをしているだけに満足していないか・・・

それ以外に常に気をつけなければいけない事をしっかり自覚し、その努力もライフワークとしていなければ体は容赦なく崩れてしまうのです。

バレエをやっているから・・・

でも

生まれつき・・・・

でも

なんでもなく、何気ないちょっとしたライフワークの中で”美”は作られていくと思うのです。

どんな事でも、一所懸命試行錯誤していたり、何かに取り組んでいる姿は”美しい”

L7040469

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました

一昨日無事に2週間のフィールドバレエコンサートを終え、昨日から日常生活が始まりました。

2週間子供達に逢っていないと、子供の成長に驚かされます、またバスツアーに参加してくれた子供の中には、自慢げに20thのオリジナルTシャツを着てくれていました。

あの長期公演の間レッスンティーチャーとして、私達のコンディションをベストな状態にしてくださっていた方は美しいダンサーを描く事に人生を捧げた画家として有名なロバート・ハインデルさんの ”祈りの形象”もでるとなっていらっしゃる 佐々木 想美さんでした

L7040510

通常バレエ団の金曜日レッスンも想美さんが教えてくださっています。

想美さんのレッスン大好きです

そしてドラマ ”キミはペット”のモモの(松本 潤さん)子役時代のバレエに打ちこむ少年時代を演じていた 進藤 蘭丸君です

L7040519 L7040521 初回タチヤーナの時子役として出演していたのに、今でこんなに成長しすっかり身長まで抜かされてしまいました

今年の9月からはカナダのナショナルスクールにバレエ留学するそうです。(本当にモモみたい・・・)

L7040528

そしてこの方は 橋本 尚美さんでキミはペットの時のモモのバレエ教師役を演じていました。

今年のフィールドバレエコンサートでは、くるみ割り人形の金平糖と白鳥の湖の主役でご活躍されていました

L7040501_2  そしてなんといってもゴットハンドのゆるり姫と・・・

清里にはものすごーーーいメンバーがいましたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ざ・千秋楽!!!

泣いても笑っても今日でさいごです!

最後まで気合い入れて頑張るぞーーー………

ところが…

今朝のこちらのお天気は…(+_+)

ここは私を含め十数名が2週間お世話になりましたウッディーノートさんです(@_@)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

白鳥の湖 最終日

L7040509 今朝の清里はこんなに美しいのどかな風景を私達に魅せてくれました

今日は白鳥の湖の最終日だったので、このまま晴天だったらどんなに美しい舞台になるのだろう・・・・

と、ワクワクしながらお稽古場へ向いました。

ところがゲネプロからお天気は一変しまたまた悲しい事に、雨が降り出してしまいました。

L7040508 まさか今日も雨が降るとは思いませんでした・・・

そしてなんとその雨は上演開始時刻まで降り続いたのです。

今日は週末と言う事もあり、約1500人という大勢のお客様がいらしてくださっていたので、何が何でも清里フィールドバレエならではの ”自然との競演” と、2度と同じ舞台は観る事のできない ”一期一会” をご覧頂きたく上演開始時間がお天気次第となりました。

私達もいつ、どの様な判断がされるかをスタンバイしていました。

多少の雨でも舞台に立ちたい!!!

願いはそんな一心でした

L7040511 待機中でも雨は強くなったり、弱くなったり・・・

雷までなり始めました・・・

それでも私達は雨が小ぶりにさえなれば出て行く覚悟を決めていました。

そこへ「2幕ステテコから始めます」とのサインが!!!

雨が小降りになってきたのを見計らって、雨の中24羽の白鳥達が舞台へ一斉に出て行きました。

みんなで滑らない様にと小さな声を掛け合いながら踊りました。

舞台袖からも仲間から「気をつけて」とか「落ち着いて」とかかけ声が聞えました。

しかし、雨音はまたもや強くなり一時中断・・・

20分後位から今度は「3幕から」とサインがでました。

急いで白鳥から3幕の衣裳に着替えをし準備が出来次第再び始まりました。

その後は1部飛ばしながら4幕まで続き、4幕が始まる頃には美しい月が舞台をより一層明るく照らし出してくれました。

み~~~んなの願いが今日の素晴らしい舞台を引き出してくれたのです

ご来場の皆さんには、本当に雨の中最後まで一緒に私達と繋がっていてくださり、本当にありがとうございました。

今日も色々ありましたが、いよいよ明日は「くるみ割り人形」をもちまして、千秋楽となります

どうか明日も素敵な千秋楽を迎えることが出来ますように・・・

L7040515

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おはようございます


昨日はタチヤーナ最後の日でした(@_@)

昨日もハプニングがあり、一時はキャスト変更等もけんとうされましたが、なんとか無事終演する事ができました(^O^)

さぁ〜〜〜て………

こちらはパソコンのトラブルです………

パソコンが無反応になってしまったぁぁぁーーーー

今日は白鳥の湖最終日です!

今日もいいお天気であります様に…☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おはようございます

今朝のこちらのお天気です(+_+)

今日は松村里沙さんとROCKで色々お話を伺いました(^O^)

L7040497

私がオーダーしたスィーツはとてもジャンボサイズでビックリ(^0_0^)

でも全部綺麗に美味しくいただきました(^O^)

里沙さんに「すご~~~いっっ」って褒めて貰っちゃいましたscissorsscissorsscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半戦 6日目 くるみ割り人形

今日の主役はベテランの吉本 真由美さんと若手の染谷 野委さんでした。

開演当初ポツポツと降っていた雨も、舞台が進行するに連れ静かに止み無事最後までお天気の心配する事無く、上演する事ができました。

先日のハプニングで色々配役の変更もあり、バタバタしていましたがゲネプロからきちんと舞台上でできたのでベストなパフォーマンスができました。

今日の公演終了でいよいよカウントダウンが始まります。

7日 タチヤーナ

8日 白鳥の湖

9日 くるみ割り人形

です。

天候も比較的安定してきたので是非いらしてくださいね

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます

今朝の清里です


どうか何事もなく終演できます様に………


昨日は突然の知人の方がお忙しい中いらして下さいました(@_@)

私にとって何よりも嬉しい事です(^O^)

本当にありがとうございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半戦 5日目 白鳥の湖

今日は今年フィールドバレエ始まって以来の初の、ゲネプロ、本番と雨に降られる事無く無事上演することができました。

今朝のミーティングでは「舞台を守ってくださっている大工さんが毎日降る雨で、体力的にギブアップ寸前だ」という話題が・・・

なにしろ大工さん達は朝7:30頃から各自の仕事をし、夕方には舞台に集まってきてくれていて、例年を上回る雨量と毎日必ず降る雨の床拭きはかなり負担がかかると言う話でした。

私達は舞台上での作業でも「キツイよなぁ・・・」と思っていたのですが、その話を聞くまで通常の仕事をこなしてからの作業とは正直忘れていました・・・・(すみません)

なので、今日のお天気は私達、そして舞台を守ってくれている地元の大工さん、ご来場の皆さん全て、心に潤いを与えてくれた。

そんな舞台でした。

そして今晩の主役は、AMステューデンツと日本ジュニアバレエで一緒に学んでいた、高山優さんでした。

あの頃からどのくらいの歳月がたったでしょう・・・

まさか、また高山 優さんと同じ舞台に立てるとは思ってもいませんでしたから・・・

なんだか主役を踊っている彼女があの頃から現在に至るまで、どれだけの汗と涙を流し、

”今”この時を共有している事が不思議で、幼かった当時を懐かしく想い出しました。

さて2週間のフィールドバレエコンサートも中盤戦真っ只中です。

関係者も私達も元気は元気ですが、疲労は確実に蓄積されています。

色々なハプニングがありますが、どうか残り最後までお守りください・・・

祈りを込めて・・・

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鳥の湖 初のゲネプロ

初めて外でできています(@_@)

このまま無事お天気がもってくれるといいなぁ〜☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます

今朝もいいお天気ですよ〜〜(^O^)


今日は白鳥の湖です!

どうかゲネプロからできます様に…(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半戦 4日目 タチヤーナ

今日も夕方から雨が降り、8時の開演には舞台整備が間に合わないほどの雨で・・・

私達はいつものように楽屋で待機してました・・・

20分押しの開演で、最後まで無事に上演できました。

そして帰宅途中では、空は本当に晴れ渡りとても美しい月が出ていました

L7040491 なのに今はまた雨が降っています。

なんだか、今朝のミーティングでは舞台の上演時間だけ ”たまたま”雨が止み、 ”たまたま” 上演できているらしい・・・

っという話題が出ていましたが・・・

本当にそうなんだなぁ・・・

って感じました。

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

業務連絡

ツユぽん、今日は驚かせてごめんねsweat01sweat01sweat01

残り1回はぜぇっっったい大丈夫だからdash

安心してねwink

残り1回よろしくぅgood

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今まで晴れてたのに…


急に雨が……(+_+)


美しい松村里沙さんです


この晴天は何処へ(;_;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おはようございます

今朝も絶景です(^O^)


ジリジリと太陽のパワーを感じます(@_@)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半戦 3日目 くるみ割り人形

今日は朝から晴天でやっと高原ならではのすがすがしいお天気に、心も弾んでいました。

8月に入ると来客数が多くなり、嬉しい事にこの数年は毎年記録を更新する位、フィールドバレエコンサートはなくてはならない夏の1大イベントとして定着している事を肌で感じます・・・

それはお稽古場へ向かうまでの道のりでも、交通量の多さや萌木の村全体を通してもお客さんで賑わっています。

特に今日は久しぶりの晴天だったので、その様に感じたのかもしれませんが・・・

そして毎日心配していたお天気の心配なく、予定通り8時に雲ひとつない晴天の夜空の中順調に開演しました。

ところがそれと同時に、ポツポツと振り出してきたのです。

その後しばらくは雨の中上演していましたが、あまりの雨量に一時中断・・・・

「なんでこんな事に???」と答えの出ない問いにただ楽屋の屋根を打ち付けるような強さの雨音に嘆くだけでした・・・

会場のお客さんの事を心配しながら・・・

20分位たったころでしょうか・・・

雨音は次第に遠のき静かになって再演決定の知らせが!!!

ねずみのシーンは残念ながら出来ませんでしたが、1幕2場の雪のシーンから2幕の最後まで上演する事が出来ました。

そして、私達が帰宅の途に着く時には夜空に美しいお月様が観えました。

”人生という本の最後に、終わりまでは記されていない”

今日も1日ありがとうございましたheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと…

清里らしい青空の下でゲネプロができてます(^O^)
気持ちいぃなぁぁ〜〜〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます


連日降り続いている雨でトゥシューズが乾かず…(^O^)

久しぶりの青空に感謝!(^○^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギフト

今日、私達は ”試練” と 強くなる為の ”チャンス” いただいた・・・

ありがとうございました

L7040470 心のこもったギフトをありがとう・・・heart02

最後にみんなの笑顔を見れてよかった・・・

どうかみんなが体調を崩しませんように・・・heart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます


只今こちらは雨が降ってきてしまいました(+_+)

今降るだけ降って8時には晴れますように☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半戦 初日 くるみ割り人形

今日は朝からなんとなくお天気が不安定で、午後からは土砂降りの雨が降り続きゲネプロもお稽古場でした。

気温も低く肌寒くて、観にいらしてくださっているお客さんの事が心配で仕方がありませんでした

私達は8時の開演に向けて準備をしていると、「8時10分に中止にするかどうかを決めます。しばらくその場で待機していてください」との情報が・・・・

L7040463

その情報に私達は固まりました・・・

準備は万端なのに・・・

仕方がない事だと解かっていても今日を迎えるに当たって、私達やスタッフの方々。

そして、中止になるかもしれない・・・

というリスクを負いながらも、全国各地から集まってきてくださるお客さんの気持ちを考えると無念としか言い表せませんでした。

ところが、雨が止んだという情報が・・・・

衣裳や頭飾りなど、全てを準備して外へ出ると雲ひとつないスッキリとした夜空が・・・

本当に驚きました。

あまりにも美しい夜空に感謝しました。

今朝のミーティングで今村先生が「ここの舞台には祈りがある」とバレエシャンブルウエストの名付け親の方が、舞台を観てそういって帰られました。と言う言葉が頭をよぎりました・・・

正にその通り!!!

お客さんを含めここに携わってくださっている大勢の方々の祈りは1つ・・・

どうか明日も晴れますように・・・

心を込めて・・・

L7040466 ジャジャァァァーーン

今日の晴れたのは千恵ちゃんのお陰?!でしたheart02

今日もありがとうございましたheart04heart04heart04

明日天気になぁ~~~れsunsunsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます

今日のお天気はこんな様子です(-_-)


ここは舞台裏です


ここはダンサーが楽屋にいく通路です
おっとばんさんが……(^^ゞ

今日も1日頑張りますっ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »